勾配屋根が魅力、和シックなコンパクトモデルハウス

佐賀県 栗原木材店 浜崎モデルハウス
建築年数: 築40年 改修面積: 70㎡(21 坪)
リビング

和室

寝室

洋室


トイレ

「お風呂が狭くて寒い、トイレに行きにくい」
バス
こちらの家は、およそ40年前に建築家の手によって建てられた木造平屋建ての2LDK。当時としてはかなりモダンな造りで、6畳の和室が2部屋、そして12畳の広いLDKが魅力の間取りでした。その一方で、この家には大きな欠点がありました。それはトイレが玄関の横にあったため来客があるとどうしてもトイレに行きにくかったこと。そしてお風呂が狭く寒かったことでした。

「光が、毎日の暮らしをやさしく照らす家に」
洗面 バス
プランニングにあたり、インテリアコーディネーターはここに住まう家族をこうイメージしました。施主様は60代後半、定年退職後の夫婦。二人とも料理が趣味で、コンパクトで上質な生活空間を求めている。そんな熟年夫婦をイメージしたモデルハウスですから、普段暮らす部屋はしっかり質の高い改修を施し、あまり使わない和室などはそのままにするプランを提案をしました。『ハウスINハウス』のリフォームで、問題だったお風呂とトイレは、すべて解決することができました。お風呂は暖かくて広いユニットバスを採用し、トイレは玄関のある北東から家の中心へと移動。従来の和室は洋室に変更した寝室となり、その隣にトイレを配置。夜中トイレに起きても不便を感じない、快適な生活動線が生まれました。また料理が趣味ですから、お二人が揃ってキッチンいても広さを感じるように空間に工夫を凝らしました。天井近くは、細いFIX窓(はめ殺し窓)へと変更し、外光を取り入れて明るく。そして夜になると、そこは間接照明で光を楽しむ空間が生まれます。

「シックでモダンな和風建築は、冬でも暖房要らずの家へ」
リビング ダイニング
“家の中身”だけでなく、今回は外観にも手を入れました。一番のこだわりは勾配のある大きな屋根と、その勾配を生かした斜めの天井があるリビングルーム。間接照明が絶妙に天井を照らし、上質な空間を演出しています。内装は落ちついた色合いの外観に合わせて色味を押さえ、造り付けの家具で高級感と統一感を持たせました。その結果、コンパクトでありながら、デザイン性の高い居住空間を表現しています。外光をうまく家の中に取り入れる工夫は、キッチンだけではなく、寝室にも。小さな窓の下には窓辺に造り付けのデスクを配し、ちょっとした作業のできる空間を確保しました。そして、もちろん断熱性能は、『ハウスINハウス』ですから折り紙付きです。真冬なのに太陽光が差すとその暖かさは、暖房がいらないくらいになるとのこと。まさに家の中身も、そして外観までも“新築品質”。皆さんもぜひ、体感してください。


BEFORE / AFTER

before
間取り図 BEFORE

horizontal
after
間取り図 AFTER

before
ダイニング

horizontal
after
リビング


このモデルハウスを体感する