プラン紹介

基本パック498万円(税別)
ハウスINハウスでは、特に要望の多い「キッチン・洗面所・バス・トイレ」の水回りを含む、室内23.5 畳の断熱リフォームを基本パックとして、498 万円(税別)からご提供しています。
LDK
今回、モデルハウス室内の間取りにおいて、工務店や設計士へのヒアリングを経て提案したのは、リビング・ダイニングキッチン・和室二間までを『ハウスINハウス』の断熱ボードで囲い、大きな空間に変更するプランでした。
勾配屋根が魅力、和シックなコンパクトモデルハウス
二人とも料理が趣味で、コンパクトで上質な生活空間を求めている。そんな熟年夫婦をイメージしたモデルハウスですから、普段暮らす部屋はしっかり質の高い改修を施し、あまり使わない和室などはそのままにするプランを提案をしました。
ダイニングキッチン
南側の和室は洋室に変え、ソファーの代わりにベッドを置くことで寝室としても使える空間になりました。リビングダイニングは造り付けのリビングボードにより、大型テレビをスッキリと収納。
ダイニングキッチン
3つの部屋に区切っていた壁と垂れ壁を全て取り払い、広々としたLDKを実現しました。柱は残し、筋交いを黒いワイヤーに替えることで、昼でも暗かった曲がり階段はスチール素材のスッキリした階段に。
リビング キッチン
もともと納屋を兼ねた家を、家の構造はそのまま残し、新開発した断熱ボードを張ることで高気密高断熱の家に生まれ変わらせました。
キッチン・玄関
お店だった部分は改装し、明るいダイニングキッチンと最新式の浴室、洗面所に。隣の和室は、広くて明るいリビングになり、大きな収納も設置しました。
洋室
暖かく快適になった事もさることながら、特に嬉しかったのは、インテリアコーディネーターが希望を聞いてくれて、色々と新しい情報を提供してくれた事だといいます。
洋室
広々としたLDKには、白いシステムキッチンとカウンター。壁も、収納も、家具も、ご要望通り、すっきりとした白でまとめました。
ダイニング
玄関とお風呂、そして洗面所を新設し、キッチンとひと続きの広々としたLDKを設けました。これで石油ストーブにコタツが定番だった冬も、エアコン一つで過ごせるように。
洋室
物で溢れていた室内は、それぞれの収納が用意され、すっきりと収まりました。壁も真っ白で家全体が見違えるように明るくなりました。
LDK
築45年、平屋のため、夏は太陽の熱が屋根から直接天井に伝わり、室内はとても暑くなります。冬は陽が差さず、暖房は一日中つけっ放し。全室に石油ファンヒーターを付けてもまだ寒いという家でした。
scroll-to-top