中古住宅を買う際は「適正価格」をおさえておこう

中古住宅を購入する時は適正価格を知ることが大切です。
土地と建物の適正価格を知って、正しい価格を提示できれば、場合によっては値引き交渉を進めることも可能です。
より納得感の高い購入をするためにも適正な価格を知るためのポイントをお伝えします。

購入する中古住宅の適正価格を知るには?

discount
中古住宅の価格は、土地の価格だけでなく建物の価格と合わせてつけられます。
住宅の購入ですから、土地と建物でひとつの取引であることは言うまでもありませんが、す適正な価格を把握する上では、土地と建物の価格を別々に算出してみることも有効です。

土地の価格を把握するにはいくつかの方法があります。
一つは、購入を検討している地域で土地として売られている物件の売値を調べることです。
土地の価格は新築住宅でも中古住宅でも同じです。

しかし、まったく同じ土地はありませんからたとえ近所でも同じ金額ということはありませんが、何か特別な事情がない限り、周辺の似た条件の土地をいくつか調べることで、価格の「傾向」をつかむことができます。
もう一つの方法として、土地公示価格から土地の適正価格を把握することもできます。
国土交通省が毎年3月に公表するその年1月1日時点における全国の標準地の土地価格を一般に公表するもので、自由な取引において通常成立するであろうと予想される、客観的な土地価格の目安を決めたものが公示価格です。

一般の土地取引や相続税評価・固定資産税評価の目安として活用される指標です。

実際に売買をする際に、参考価格とはいえ必ずしも公示地価と同じ価格になる訳ではありません。
また一つ目の方法で、実際に売られている物件の売値、実勢値とも「差がある」場合もあります。

ですから、目安として公示価格が上昇傾向にあるのか、下落傾向なのかを見ながら全体的な傾向を判断することは適正価格を把握する手がかりになると思います。

建物の適正価格を把握するには?

建物の価格を把握するためには、周辺で同じぐらいの築年数の中古住宅がいくらで出ているのか調べることで把握することができます。
先ほど見たように土地の適正価格をつかむことができれば、土地の価格を差し引けば建物の価格がわかります。

また、土地と建物を合わせた価格が周辺と比べてどうなのかを把握するのに、国土交通省の土地総合情報システムで土地、土地と建物、マンションなどの取引価格情報が公開されています。
これも参考になると思います。
bb4089dd76eb4dcaeb56a97c46075e8f_l
建物の価格を左右する理由として最も影響するのは築年数です。
それ以外にも、もともと建売住宅だったのか注文住宅だったのかの違いや設備や仕様のグレード、前の住居者がメンテナンスをしながら住んでいたのか、リフォームを行ったのか、行ったのであればその時期と規模、また庭や駐車場、外構の状態など、建物は価格にかかわる要素が多岐にわたります。

中古住宅の場合、土地、建物の価格も最終的に価格は売主と買主の合意で決まります。
売主になんらかの事情があって適正価格、相場とは差がある価格で決まる場合もありますので注意が必要です。

納得できる価格で取引をするためのポイント

最終的に納得できる価格で取引する上で、住宅の適正価格を知ることもその1つですが、事前にいくつかの項目を確認しておくことで、交渉をスムーズに行えます。
そのポイントをおさえておきましょう。

他の購入者がいるか

他に購入を検討している人がいるか、見学に来た人がいないかを仲介してくれる不動産会社に聞いてみましょう。
競合する購入者がいる場合、購入に意欲的な人、より良い条件で買ってくれる人を売主は優先します。
特に売りに出て間もない物件で、見学や購入を検討するまでには至らなくても、問い合わせの多い物件は人気の物件と見て良いでしょう。
そのような場合も、他に購入希望者がいると考えておきます。

売り出し開始から経った期間

住宅のある地域が不動産の売買が盛んでよく物件が動いているのか、あまり売買のない地域なのか、地域の特性も調べておくと良いでしょう。
その中で、目当ての物件の売り出し開始時期はいつなのかを調べましょう。
売りに出されてからどれくぐらいの期間が経っているのかは重要です。



不動産売買の状況は地域によって差があります。
不動産の売買が盛んな地域なのに売り出しから何ヶ月経っても売れていない場合、売主が値引きを検討するかもしれません。
逆に、売買が盛んでなく、そもそも半年や一年では不動産が動かない地域では大きな値引きは難しいかもしれません。

先ほども書きましたが、中古住宅の場合、土地、建物の価格も最終的に価格は売主と買主の合意で決まります。
周辺の不動産の動き方しだいで納得できる価格も変動するかもしれないということをわかっておきましょう。

住宅の価格は何が妥当で適正な価格なのかは素人にはわかりにくいです。その中で納得できる価格で買いたいと思ったとき、もちろんできるだけ安く買えればそれにこしたことはないように思えますが、何よりも、この家を買いたい、この家で暮らしたいという熱意が大切です。家族の大切な住まいを、適切な金額で購入できるように事前準備をしっかり行いましょう。