リフォームするなら暖かい家に……間取りのコツとは?

冬になると家のいたるところで寒さを感じ、室内なのになぜと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。気温が下がる冬場は暖房器具などを上手く取り入れることで暖かい室内をつくることができますが、家を建てる時にお家の中が暖かくなる工夫をすることで暖かい家づくりを行うことができます。

太陽の熱で暖かい家にする工夫

寒さが厳しくなる冬場にいかに室内でいかに暖かく過ごすことができるか、その差をつける一つの要素に日射取得にあります。
日射取得とは太陽光の光を室内にどれだけ取り入れることができるかというものです。
夏場は室内を涼しく保つために、エアコンの効率をよくするためにできるだけ太陽光を遮る工夫をしますが、冬場は日当たりを意識することで家全体を太陽光で暖めることができます。
layout
朝日は東から、夕日は西など時間帯や方位によって日射取得量は変わってくるのですが、南は一日を通して比較的日射取得がしやすい方角です。
北側はどうしても日射取得がしにくい方角とされており、家の北側にはバスルームやトイレなどがあることが多いです。
東側は午前中から正午にかけては暖かい太陽光の光を取り入れることができますが、午後からはあまり期待することはできません。
午後から日没までは西からの日差しが強くなりますが、西日が多く入ると夏場に涼しい室内をつくるのが難しくなってしまいます。
もちろん日射のことばかりではなく取り入れたい周囲の景観なども考えた上で、太陽の一日の動きと家族のライフスタイルなどを考慮して窓の位置や大きさを検討することで暖かい家づくりをすることができます。

暖かい家にする際の工夫ポイント:軒

317a6c325389238f90595ce617c32947_m
一日を通して自分や家族は一番長く過ごす場所はダイニングやリビングだという人も多いのではないでしょうか。
暖かい家づくりを考える際に、最も時間を使う場所であるダイニングやリビングに太陽を取り込みやすい場所に配置することは一つの工夫です。

例えば南側は一日の中で最も日射取得がしやすい方角であり、暖かな光をたっぷりと取り入れることで暖房がなくても快適に過ごせる日も増えます。
南向きでたっぷりと太陽光を取り入れることができるのはいいけれど、冬場はよくても夏場になると暑くて仕方がないのではと疑問に思う人もいますが、そんな時は軒を深くすることで冬場は暖かく、夏場は涼しい家づくりを行うことができます。
最近はあまり軒の出ていない家も多いのですが、軒は日本の住宅に古くから見られるものです。
軒を深くすることで夏の直射日光をカットすることができ、家の中に太陽光が入るのを防ぐことができます。
これに対して冬場の日光は軒が深くても家の中に入ってくるので、軒を深くしておくことで日射取得をコントロールすることができるようになります。

暖かい家にするためには空気の仕組みを知ろう

暖かい家づくりのためには空気の仕組みを知っておきましょう。
冷たい空気は部屋の下、つまり足元にたまりやすいです。
これに対して暖かい空気は天井の方にたまりやすくなっています
暖房をつけているのに足元が冷えるのはこのためです。
部屋の空気を上手く循環させないといくら暖房の設定温度を上げても足元は寒いままになってしまいます。

足元と天井にたまっている冷たい空気と暖かい空気をかき混ぜると温度のムラをなくすことで部屋全体を暖めることができます。
扉を閉めて部屋を仕切っていると部屋の中の空気は循環しません。
扉の開け閉めをするだけでも部屋の空気は循環しますが、サーキュレーターや扇風機、シーリングファンなどを使用することで効率的に空気を循環させることができます。

暖かい家にするためには間取りとあわせて断熱リフォームも検討しよう

窓の位置や大きさや軒の深さなど暖かい家づくりに取り入れることができる工夫は様々ですが、新しく建てる際に窓や軒の工夫以外に、今住んでいる住まいを暖かくする工夫を知りたいという場合は、断熱リフォームを検討してみるのもよいでしょう。
断熱リフォームを行うことで冬になるといつも足元が寒いと言った冬の悩みだけではなく、夏場にいくらエアコンを使って温度を下げようとしても室内は暑いまま、といった悩みも解決することができます。

断熱リフォームで取り入れる断熱材には、家の中で適温になった空気を外に逃さない役割と外気温が家の中に影響を与えないようにする役割があります。
厳しい寒さや暑さの中でも室内の温度が一定に保たれているのは断熱材のおかげであり、断熱材が入っていない住宅では外の気温の影響を受けて、夏は暑く冬は寒い家になってしまいます。
近年の住宅は断熱材が入っていることが大半ですが、築年数が古い住宅には断熱材が入っていないこともあります。
48412468be1d30454f40c5ce82311d60_m
断熱リフォームはただ単純に壁の中に断熱材を入れるだけではありません。
壁の中に断熱材を入れるリフォームは大規模な工事になることも多く、リフォーム費用も高額になってしまうので、もっと手軽に断熱リフォームをしたいという人には今ある窓の内側から内窓を入れて室内の温度を逃がしにくくすることができますし、外壁の塗料を遮熱効果のあるものに変えるだけでも住宅の夏場の暑さを抑える効果を高めることができます。
断熱リフォームは家の形や工法などによっても取り入れることができるものも違ってくるので、リフォーム会社で相談してみるようにしましょう。
暖かい家づくりを行うための間取りや断熱リフォームについて紹介しました。
断熱リフォームは冬場の暖かさだけではなく夏場の涼しさにも関係しています。
家全体を見直すことで快適な住まいをつくることができます。