涼しい家にするためにはどのような工夫をすると良い?

近年は猛暑夏が続いています。
そうなるとエアコンの使いすぎで光熱費が気になるだけではなく、冷房が原因で体調が優れないことも少なくないでしょう。
暑い夏場でも室内で快適に過ごすことができるように、家の中が暑くなってしまう原因や涼しい家にするためのポイントなどをおさえた家づくりを意識してみてはいかがでしょうか。

暑い家になってしまう原因とは?

cool-house
猛暑が続く夏場はエアコンがないと熱中症などのリスクが高まってしまうのですが、家の中が暑くなってしまう原因は気温だけではありません。
まず家の中が暑くなってしまう原因として挙げられるのが風通しの悪さです。
昼間は不在がち、そんなことから終日家の窓を締め切っているという家庭は多いのではないでしょうか。

特に日当たりのよい部屋などは風通しが悪いとすぐに部屋の中に熱がこもってしまいます。
こもった熱はなかなか冷めないので、日が落ちても部屋の中は暑いままになってしまいます。
秋になり外は涼しいのに家の中は暑いという場合は風通しの悪さが大きく影響していることも多いです。
また風通しや家電製品だけではなく家の構造に使われている素材も関係しています。
マンションやアパートの場合、使用されている素材によって熱を吸収しやすいものがあります。
日差しが直接あたる屋根や壁などは太陽の熱によって温度がによって上がってしまい、それにともなって室内の温度が上がってしまいます。

涼しい家にするメリット

5eef5d1379ee27b1c495ba0b26af7e56_m
家の中を涼しく改善することは、できるだけ暑さを感じることなく過ごすことができることはもちろん、他にもメリットがあります。
最も大きなメリットとして挙げられるのが光熱費の節約です。
夏になるとエアコンの電気消費量を少しでも少なくすることができるようにこまめにオン・オフを繰り返したり、設定温度を高くしたりといった工夫をしているという人も多いのですが、エアコンを使って室内の温度を下げる際にも、もともとの室温が高ければ高いほどエアコンを消費電力は大きくなります。
風通しをよくして室内にこもった熱を冷ますだけでも光熱費の節約につながります。
近年では、省エネ家電が広く普及していることや気密性の高い住宅が増えていることから、自動運転モードでつけっぱなしにしておくほうがかえって電気料金を節約することができるといった場合もあります。

涼しい家にするために取り入れるとよいアイテム

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_m
室内の温度を下げて涼しい家にするために、まずは太陽の光による熱を遮る工夫をしてみましょう。
太陽光を遮ることで室内の温度上昇を防ぐことができます。
手軽に取り入れることができるものとしては、すだれや遮光カーテン、緑のカーテンなどがあります。ホームセンターやネット通販などで手頃な価格で購入できるので、窓が多いという家庭でも取り入れやすいです。

さらに暑さを和らげる手軽な方法としては打ち水もあります。
午前中の涼しいうちに打ち水をすることで室温の上昇を防ぐことができます。
ヒートアイランド対策の一貫として夏になると商業施設や公共の施設などで取り入れられているのを見かけます。
また家電から出る熱も工夫次第で改善することができます。
例えばパソコンなどの家電から出る熱はサーキュレーターや扇風機などを利用することで上手く室外に逃がすことができ、室内に熱がこもるのを防ぐことができますし、照明も室内の温度を上げてしまう原因になるので熱を帯びないLED電球に変えることで温度上昇を防ぐことができます。

涼しい家にするコツ

逃がさないことも大切です。
快適な温度にした空気を逃さないためには断熱性と気密性を高める家づくりをすることが重要です。
熱がこもってしまった場合に風通しをよくするなど手軽に身近にできることから始めるのもいいけれど、根本的に住宅を見直したいという場合は暑さ対策のリフォームがおすすめです。

涼しい家づくりに欠かせないのが断熱リフォームです。
断熱と聞くと冬の暖かさをイメージしますが、夏に涼しい家をつくるのも断熱です
断熱リフォームは窓だけを変えるなど小規模なリフォームから壁や屋根など大規模なリフォームまでさまざまです。
179a3928918de71bba7943521b55be3f_m
例えば、屋根に断熱シートを設置したり断熱材を施工したりすることで、夏になると2階が暑いという悩みを解決することができます。
外壁や窓などのリフォームをすることで冷暖房費の節約につながります。

また断熱材はしっかり入っていると思っていても暑かったり寒かったりする場合、断熱材自体が劣化している可能性もあります
そうした場合もリフォームをすることで新しい断熱材に取り替えることできます。

断熱リフォームを検討している場合はリフォーム会社に相談をしてどんなリフォームが必要なのか、家全体の効率を見て検討するようにしましょう。
暑い夏を快適に過ごすために、風通しをよくしたり、家電の熱や太陽光の熱を防いで涼しい家づくりや暮らし方を意識してみましょう。
快適に過ごすことができるだけでなく、エアコンの消費電力を抑えて夏場の電気料金の節約にもなりエコにも繋がります。