和室から洋室へリフォーム!メリットやポイントは?①

和室から洋室へリフォームするメリットをご存じでしょうか。和室は畳の匂いや寝転がったときの感触が落ち着くという良さがある反面、カビやダニの発生などのトラブルの元になる可能性もあります。この記事では、和室と洋室の構造の違い、和室から洋室へリフォームする場合のメリットや注意点、リフォームの工事内容や業者の選び方などを紹介していきます。

和室と洋室の構造の違いは?

和室から洋室へリフォームする場合、和室と洋室の構造が異なるため、段差解消などの工事が必要となります。工事内容を理解するために、まずは和室と洋室の構造の違いを把握しておきましょう。床の構造と壁の構造に分けて説明します。
de7cec919e66ec324455d2f6fb487b81_l
①床構造の違い
床構造には2つの違いがあります。
1つは下地の間隔の違いです。和室の畳の下には根太(ねだ)と呼ばれる横木が一定の間隔で置かれています。畳を支えるためのもので、床の安全性を高める目的で設けられています。洋室のフローリングの下にも根太はありますが、根太の間隔が違います。畳の場合は畳自体に比較的に強度があるので根太の間隔は広めの445mm前後です。しかし、フローリング材は畳に比べ強度が低いので根太の間隔は狭めの303mm程度になっています。畳からフローリングに変える際にはこの根太を増やす工事が必要となります。
もう1つは畳とフローリング材の厚さの違いです。
畳の厚さは約40~50mmで、フローリング材の厚さは12mm程度です。畳からフローリング材に変更しただけでは出入口や他の部屋の床との段差ができてしまいます。段差を解消するために、根太を補強した後に高さ調整用の床板を張って高さを調節する必要があります。また、築年数がだいぶ経過している家では畳の下地に断熱材が使われていないケースがあります。畳よりもフローリングは冷たく感じやすいので、断熱材を床材の下に設置する工事もしておいたほうが良いでしょう。
2d66207f1cb1afcd5f8a42a26e6479fe_l
②壁構造の違い
壁構造の違いは、和室の壁が真壁(しんかべ)という柱が見える構造になっている場合が多いのに対し、洋室は柱が見えない大壁(おおかべ)という構造になっていることが一般的です。真壁を大壁に変更する場合は柱を隠す工事が必要になります。具体的には、胴縁(どうぶち)といわれる下地を柱と柱の間に組んでいきます。その上に石膏ボードを張ることで柱を隠し、壁紙を張って仕上げます。

和室から洋室へリフォームするときの工事内容

和室から洋室へリフォームする際の工事内容は、どこまで洋室に近づけるかで変わってきます。主なリフォーム箇所は、床、壁、天井、出入口、押入れです。ここでは代表的なリフォームのケースと工事内容を説明します。
畳をフローリングに変更するリフォームは需要が多いリフォームです。和室の象徴である畳をフローリングへ張り替えるだけで、部屋の印象は大きく変わります。和室のデメリットも洋室のメリットも、多くは床に関係するものなので、フローリングへのリフォームを行うだけでも十分メリットがあるでしょう。工事内容は畳をはがし、構造・下地の補強や段差解消の工事をした後に、お好みのフローリング材に張り替えます。
床のリフォームの次に需要があるのは、壁と天井のリフォームです。和室の壁は柱が露出する真壁構造が多いので、柱が見えないように大壁に変更する工事を行い、その上から好みのクロスに張り替えます。天井も同様の工事を施し、クロスを張り替えます。
床、壁、天井のリフォームの次にあげられるのが、出入口のリフォームです。
和室で使われていた襖のままでは統一感がなく、やや不自然です。引き戸へ変更する場合は、敷居を交換するだけなので簡単に設置できます。開き戸に変更する場合は、隣の部屋や廊下と段差が発生する場合があり、段差を解消する工事が必要になるケースもあります。
最後に、押入れをクローゼットにリフォームする場合です。押入れは布団などの寝具を収納するようにできているので、衣類を収納するには使いにくいつくりになっています。押入れは上下2段になっている場合が多いので、段を取り除いて衣類を吊るすためのハンガーパイプを取り付けます。クローゼットのドアは開き戸タイプや折れ戸タイプなどに変更します。クローゼットは湿気がこもりやすい場所なので、調湿建材を使用することが多いです。
ハウスINハウスには豊富な実績があり、きめの細かい保証とアフターフォローが充実しています。
和室から洋室のリフォームについて気になる点や不明な点があれば、ハウスINハウスへお問い合わせください。
相談は無料です。無料で資料を請求することもできます。

和室から洋室へリフォームして使い勝手をよくしよう!
畳からフローリングにリフォームするだけでも、使い勝手の良い部屋に生まれ変わります。
日々の生活を楽に過ごすために、和室から洋室へのリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。