リフォームの減税についてポイントを押さえよう!②

リフォームをしたときに、条件を満たしていれば確定申告をすることで所得税の減税を受けることができる制度があるのをご存じですか?
特に、バリアフリーや省エネなどの工事は減税対象になる場合が多いです。
この記事では、減税制度の概要や手続きの方法、減税に関するポイントについて紹介します。

固定資産税減税と贈与税について

(2)固定資産税
固定資産税は、家屋や土地の所有者に課税される地方税です。
リフォームの費用が50万円以上であれば、減額措置が適用されます。
ただし、対象となるのは省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震改修工事のいずれかです。リフォーム工事完了から3カ月以内に書類を揃え、申告しなくてはなりません。
リフォーム費用を両親などに援助してもらった場合は、贈与税の非課税措置を受けることができます。
一般的に、身内から援助を受けた場合、その金額に応じて贈与税が発生します。
しかし、リフォーム工事の資金として受け取ったお金に対しては、一定額まで非課税となるのです。

(3)贈与税
贈与税の非課税措置は、耐震リフォーム、省エネリフォーム、それ以外の増改築の3つが対象となります。

さらに、工事費用が100万円以上、贈与された年の合計所得額が2000万円以下であり、贈与された翌年3月15日までにリフォームを完了し居住することも条件です。
もしくは、3月15日以降に居住することが確実だと見込まれれば、非課税措置の対象として認められます。

リフォーム費用は条件を確認して減税措置を得よう!

リフォームによる減税措置を利用する場合、工事の内容やローンの金額、期間について条件が設定されています。
どのようなリフォームでも減税措置の対象となるわけではないため、事前に対象となっているか確認することが大切です。
できれば、専門性の高いリフォーム会社や建築士に相談し、確実に減税措置の対象となるようなプランを作成することがオススメです。

減税を受けるための手続きは?

cc8274b4aeeb420ccd6161c5d0669783_l
減税を受けるためには、市町村や税務署に申告をしなくてはなりません。
まずは、リフォームを契約する前に、減税制度を利用したい旨をリフォーム会社に伝えます。

その後、減税制度を利用できるような工事内容やスケジュールを調整及び確認していきましょう。
この時点で、どの減税制度が使えるか、リフォーム会社と相談して明確にしたうえで、契約します。
証明書の作成を早めに依頼し、工事完了後に必要書類とともに提出しましょう。

それぞれの減税制度によって、必要な書類が異なります。
源泉徴収票や工事請負契約書のコピー、増改築等工事証明書など、自分で用意するものと業者にお願いするものがあるので、リフォーム会社や建築士などと確認しながら揃えると安心です。

リフォーム減税を受けるためのポイント

減税で優遇されるには、一定の条件を満たしておく必要があります。
例えば、一部の所得税減税制度は併用できるなど、それぞれのケースによって適用される減税が異なります。
住宅ローンの借入期間や減税を試算したうえで、どの減税を利用するのかを検討するとよいでしょう。
自分で決めるのが難しい場合は、リフォーム会社や建築士など、プロに相談すると安心で確実です。

リフォームの減税制度をよく理解している会社に依頼しよう!

b8de9499f1327814254eaee0d255b773_l
「ハウス IN ハウス」では、パートナー展開をしている全国のリフォーム会社で、個別相談会を実施しています。
リフォーム工事の内容や、リフォーム後のフォローについてだけでなく、減税制度についても相談することができます。

また、リフォームを契約する場合は、実際に住居まで専門家が足を運び、住居の状態を調べたり、詳細なヒアリングによってプランを決定したりするのも特徴です。
そのため、減税制度の条件に合った工事内容であるかをきちんと確認しながらプラン作りを進めることができるのです。

さらに、ヒアリング内容からぴったりのプラン提示し、納得できれば契約成立となります。
 まずは「ハウス IN ハウス」にお問い合わせください。