リフォームの計画は進んでいますか?補助金を有効に利用していきましょう

こんにちは
断熱リフォーム事業部の鈴木です

断熱リノベーションで利用できる次世代省エネ建材支援事業の補助金について再度簡単にご紹介します。

28e9ab052ada774ab8fc3275af2805c2

まず、断熱リノベと次世代建材の2種類があり断熱リフォームで使うのは次世代建材の補助金になります。

断熱パネルを使用して内側から工事するものが対象となっています。

それと同時に行う事で玄関や窓、調湿建材や断熱材などが補助の対象として追加して認められます。

費用の1/2以下若しくは200万円のどちらか安い方が補助金となります。

最大の200万円が貰える工事内容にしていくのが理想です

07a81e368c3a496c99062da59d61f806

一次公募は現在受付中で7月17日(金)17:00必着まで受付しています。

予算が無くなり次第一次公募は終了ですので計画中の方はお早めにお申し込みください。

この補助金を受ける場合には申請て許可が下りるまで工事を始める事が出来ないデメリットがありますので、契約書でありませんが工事をすぐに始められるように材料手配などの手続きは進めておいた方がいいです。

昨年の経験上申請をして、修正なども考えて申請が下りてから手配すると断熱パネルなどの納期も集中していて工事を始めるまでに1ヶ月程度かかるので時間のロスがかなり生じます。

しかも一次公募は報告期限が12月11日までとなっていますので、大きな工事の場合は工事完了日も考慮して進めて行きましょう。

7月に間に合わなかった場合も二次公募がお盆明けの8月17日から予定されています。

今から計画していく方は二次公募を視野に入れて計画を進めて行くといいと思います。

暑いのに断熱ってどうなの?本当に効果がある?など疑問に思われた方は私たちの体感ルームへお越しください。

東三河エリアでは唯一の体感ルームです。

断熱工事の事なら是非お気軽にご相談下さい。

360°カメラでショールーム内をご覧ください。

033490f188229a07c881b9880b58a14f
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
9b944be8df29826bae954186f43ff940

568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739

a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5