体温を調整する機能も年齢と共に衰えていきます

こんにちは
ティージー株式会社断熱リフォーム事業部の鈴木です

高齢者と呼ばれる65歳以上の方々は初夏から秋頃までの暑い季節でもエアコンに拒否反応を示す方の多くいらっしゃいます。

c2f48e1c2949e1fbe62cd63191f1f255

毎年熱中症で搬送された方の半数は65歳以上の高齢者です。

暑さに強いというわけではなく感じなくなってきているというのが正しいので身体は異常事態になっていても気づかず体に熱がこもって体温が高くなる『こもり熱』の状態になりやすいです。

体重70kgの人の体温を1度下げるためには100mlの汗が必要といわれます。

年齢と共に汗をかく機能も低下しています。

年齢が進むにつれて汗を食書きにくくなってきますので、定期的に誰かと話せる環境が望ましいですね。

水分補給も少なくても平気な人が多く居ます。

以前ブログでも話しましたが、子供と大人も体感温度が違います。

お孫さんのいらっしゃる家庭は子供が快適な空間がおススメです。

定期的な水分補給とエアコンなどもしっかり使いながら快適な住環境を目指しましょう

360°カメラでショールーム内をご覧ください。

033490f188229a07c881b9880b58a14f

8bbc7109c285905756c713b28922a39c

9b944be8df29826bae954186f43ff940
友だち追加
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739

a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5