豪雨の影響?雨漏れの相談が増えてきました

こんにちは
ティージー株式会社断熱リフォーム事業部の鈴木です

最近はハウスメーカーさんからの依頼が多くその中でも雨漏れに関する事で呼ばれる事が多いです。

私たちが工事したお客様のお宅なら呼ばれることはいいんですが、別の協力会社が工事したお客様なのに私たちに『すぐに来い』みたいに上から物を言われると行けても『行けません』って出そうになります。

しかも連絡なしに文書だけとか・・・。

まだ昔の元請けと下請けという関係性で『下請けのくせに・・・』って感情があるんでしょうね。

さて、愚痴はこのくらいにして窓の雨漏れについてお話しします。

0309cb34d5b4ae52bc2d331f7671e0d2

雨漏れの原因は難しく、窓から雨漏れしていたら原因が窓かと言われると正直分かりません。

写真の様に窓の上から漏れているのか、室内側か外側か。

それによっても違います。

壁の割れ目や壁に目に見えない亀裂があったもそうですが、毛細管現象を起こして水を壁の中に吸い込んでしまいます。

毛細管現象は簡単に言えば水に触れるか触れないかの位置にティッシュを近づけるとティッシュが濡れてしまう現象の事です。

重力に逆らってまで水を吸い上げる力があります。

手入れが出来ていればと大半は防げるかもしれませんが、気付かないうちに飛来物が当たって目に見えない程度の傷があったりしたらわかりません。

395c0d855f87bebac2812418254006b8

ですが、壁の表面材が割れただけであれば中に防水シートなどもあるはずなので、室内に侵入する事はありません。

窓まわりは防水テープもしてあるので通常であればまず問題ないと思います。

室内に水が入ってくる場合は防水シートの内側にどこからか侵入した場合が多いので、保証がある場合は建てられた会社に無償で直してもらいましょう。

建てた会社がもう無いという方もいると思います。

その場合は家に掛けている保険を利用してやっていきます。

工事自体は晴れていて水分が乾燥してからでないと対策は出来ませんが、この大雨で雨漏れしたという事を保険屋さんに報告しておかないと保険の対象から外れてしまうケースもありますので、しっかり確認をしておきましょう。

私たちの会社でも雨漏れ対応もしています。

お家の事でしたら何でもお気軽にご相談下さい。

断熱リフォームの体感もいつでもお待ちしています。

360°カメラでショールーム内をご覧ください。

033490f188229a07c881b9880b58a14f

8bbc7109c285905756c713b28922a39c

9b944be8df29826bae954186f43ff940

568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739

a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5