ペットにも優しいリフォーム工事

こんにちは
ティージー株式会社断熱リフォーム事業部の鈴木です

家の中で飼う事が多くなっている犬猫などのペットにも快適な住環境を整えていきましょう。

温度設定

60275ab58ebd7cd921d15fb49998721b

何度かお話ししていますが、断熱工事で目標にしているのは人間の住環境です。

犬猫にの場合では目標設定温度が高い設定なのでエアコンを使って温度調節をして下さい。

温度25℃湿度50%が目標ですが、猫の方が湿度は低めになるそうです。

滑らない床材

30da3ddfdb3761022a8325c2d2da73f7

一般的な新築の様に歩いていると滑りそうなワックス仕上げにしてしまうと、ペットは怪我のもとになります。

なので行動範囲にマットを敷く、滑り止めのワックス仕上げにする、無垢の木を床材にしようするなどの対策をしっかりやっておきましょう。


断熱を考えなければ建具にペットの入口付のものを選択するのもいいと思いますが、家中を動き回るのであれば床材は滑らないワックス仕上げをおススメします。

猫にはキャットウォークなどの運動が出来るスペースを

c9ebfbb49e799a5c5f320beaa9890de5

テレビなどでも紹介されたりしていましたが、天井付近に猫が通れる程度の隙間を作り部屋の移動を可能にしていました。

一般の住宅ではそれは難しく全館空調の新築であればエアコンをの効きも悪くはならないと思います。

リフォーム工事の場合はリビングなどにキャットタワーなどを作ったり、カーテンの上を歩けるように板などで道を作ってあげるなど方法があります。

部屋全体に安全な対策を

a72cf03f5794ac7d096c18155d46254d

お洒落でカッコいい空間だと思いますが、ペットを飼うのであれば犬でしょうか。

それでもしっかりしつけをしておかないと怪我をしたりと危ないです。

ペットの大きさや種類によっては机の上に寄りかかったり、飛び乗ったりできることもあります。

キッチン周りなどは特に注意をしましょう。


住環境は住む人のライフスタイルによって何を重要とするのかなどによって変わってきます。

今回はペットを暮らす場合のリフォームについて簡単にお話ししました。

断熱リノベーションの事なら何でもご相談下さい。

360°カメラでショールーム内をご覧ください。

033490f188229a07c881b9880b58a14f
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
9b944be8df29826bae954186f43ff940

568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739

a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5