日本の木造住宅は寿命30年ってホント!?

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

今日は日本の木造住宅の寿命についてお話しします。



ローンや補助金を活用して、おトクなリフォームを

日本の木造住宅の寿命は一般的に30年と言われています。
お客様に話すと大体「 本当!?短すぎない? 」と言われます。

住宅で多く使われるローンは35年で組まれるので返済期間より早く寿命が来てしまうという事になります。


6d0d78f1f84c2273c003172db83b2514_s

何故日本の木造住宅は寿命が短いと言われるのか。

まずは寿命=耐久年数ではないと言っておきます。

耐久年数では50年以上あると言われますが、その多くはライフスタイルの変化で壊して建てる『 建て替え 』が行われることも多いので『 寿命30年 』と言われるわけです。

08d1af5ef54b304439777d7317e53a96

そもそも地震や台風など自然災害は多い国なんで耐久年数は高いのは想像できますよね。

日本は昔から一つの家を継承して残していくとい考えより壊して建て直すという文化です。

木造が中心いう事もあり、昔は火事の時にも壊して延焼を防ぐという行動があるぐらい壊すのが当たり前という感覚です。

なのでリフォームで手を加えて長く住めるようにというよりは、何とか使えるように修繕をして30年程度で壊して建て直すのが当たり前の間隔なんです。

最近は海外の考え方でDIYが大分浸透してきているので、家に手を入れずに綺麗に使って長持ちさせるという人よりリフォームをする人の方が多くなってきていると感じます。

それでもまだ大きく変えるようなリフォームをする人は少ない気がしますね。

私たちが行う断熱リフォームは生活改善して家の価値を上げるリフォームです。

メールや電話でのご相談も是非お気軽にお問い合わせください。
033490f188229a07c881b9880b58a14f
360°カメラでショールーム内をご覧ください。
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5