風通しのいい家を目指してリフォームを考える

e2fa58359e70a715ca7d14811e004eb2

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

今日は住宅での風の通り道についてお話しします。
風はどのように取り込む事ができるのか。
それは入口と出口を作ってやる事です。

温かい風と冷たい風は動き方が違います。
暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まります。

65301d0c409ee6b3d9908b9d8f256c50

玄関のリフォームをする場合でも通風機能が付いたものがおススメです。

オプションで取り付け可能なデザインが多いと思います。
最近の玄関ドアはカギを掛けたままでも通風出来ます。

豊橋市にある本社にはリフォーム用の玄関で通風機能付きの物が展示しています。
ご興味ある方はぜひこちらから

リフォームで天窓を新たに作っていくのはコストが高くなりますが、出来ない工事ではありません。

上に溜まってしまう暖かい空気を動かすには別の方法もあります。

3ac9c820c8709b188472fdaf2c60dc14

照明兼ファンの効果があるシーリングファンを付けると空気を動かしていくので部屋全体が均一な温度になりやすいです。

他にも換気をする場合でも1つの窓を開けただけでは効果が出なくても入口と出口を意識して開けるだけでも空気はものすごく流れます。

玄関で言えば狭い空間になるので換気機能は6倍にもなるそうです。
ちょっとした工夫でも生活が楽になります。

ぜひ私たちにご相談下さい。
メールや電話でのご相談も是非お気軽にお問い合わせください。
033490f188229a07c881b9880b58a14f
360°カメラでショールーム内をご覧ください。
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5