リフォームの間取り変更で出来る事と出来ない事があります。

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

ハウスINハウスの断熱リフォームでは壊さず短期間で出来るのが強みですが、間取りの変更などで『 壊す 』という事が必要になる事があります。

木造の場合ハウスINハウスに限らずリフォームの間取り変更で出来る事出来ないことをお話しします。

柱の種類によっては動かせない!?

dacce53524c5a8373293cc7f4fd7399d

建築用語で『 通し柱 』『 管柱 』『 間柱 』など柱の呼び方も様々あります。

通し柱
簡単に説明すると2階以上の建物で土台(基礎)から軒まで1本の柱で通している柱の事を言います。

家の角などに用いられる事が多いですが、平面図をお持ちの方は柱が〇で囲ってある所が基本通し柱です。

これは1・2階を通しているので動かすことが出来ません。

管柱
各階についてる柱です。
通し柱と違い動かすことが出来ます。
在来工法と呼ばれる木造住宅では積み木の様に組み込んで作っているので柱を抜くと大空間にすることは出来ますが、上の重さを分散できない事がありますので梁の補強や別の場所に管柱を入れる必要性が出てきます。

間柱
通し柱や管柱の半分程度の幅の柱です。
太い柱と柱の間に入れる柱というイメージです。
これは抜くことが出来ます。

耐震壁は残しましょう

179a3928918de71bba7943521b55be3f_m

耐震壁には基本『 筋交い 』という物が入っています。
文字通り家の耐震性能を支えている壁になります。
取り除く事は出来ませんが、移動させる事は出来ます。
希望の間取り通りに移動できないこともありますので、しっかりご確認下さい。

間取りの変更には制限が多い

間取りの変更は構造上抜けない柱や壁が出てきます。

木造住宅でリフォームでは大空間が難しいのかと言われると鉄骨などの他の構造に比べて難しいです。

ですが、工夫次第で広く見える空間には出来ます。

86486a0d50d647141d16e548ff05ba46

構造材を見せて通し柱や筋交いなども魅せる様にリフォームすることで、壁ではない空間が出来上がります。

木材の温かみがある空間に出来ますので、ナチュラルな部屋のテイストや木材をこげ茶色に塗装してモダンなテイストにすることも出来ると思います。

壊さない部分と壊す部分、工事日数を掛けてでも丁寧な空間を創っていきたいと思います。

断熱もしっかりやっていけるのがハウスINハウスの断熱リフォームです。

是非お気軽にご相談下さい。
033490f188229a07c881b9880b58a14f
360°カメラでショールーム内をご覧ください。
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5