実家暮らしでも出来る自室やトイレ浴室などの断熱対策をご紹介

こんばんわ ハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

今日は実家暮らしでも出来る断熱対策をご紹介します。
DIYで自室やトイレ浴室などの断熱対策をしてヒートショック対策もしっかりやっていきましょう。

371c894f4b97c8dd905a82009c11eea3
自分の部屋であれば大掛かりなリフォームでなくても少し快適にしたいと思う事はありませんか?

私の場合も実家の離れ?みたいな所に居るので自分の所有物でない以上勝手にリフォームできません。

まず部屋を片付けないといけませんし、昔の家なので荒壁に室内から柱が見えている状態の家です。対策できる場所としてはまずは窓です。

e6096cb6d399680725b8d7d6815ac7e0

内窓を設置する前に自分で出来る事は窓の隙間を無くすことです。窓から風が入ってきている状態では外に居るような状態です。

まずは窓がしっかりと閉まるのかを確認しましょう。

その上で断熱対策をすることで効果が高まります。
ecc24fc33094e1ef52e5eb3a2d82615d

トイレなどは窓が小さいので変わりますが、ここは換気扇などもちゃんと動くのかを確認しないといけないですね。

小型のオイルヒーターを置くのもいいかもしれないですね。
93013e883e015598f0dd488592927d99
しっかり窓の準備をしたあとにおススメはツインカーボと言われるものです。これを窓に取り付けるとかなり違います。
94b46070683d3369271e9b2e0ecb238f
形状としては写真の断面のようになっているので、間の空気を断熱材にします。空気は最強の断熱材になりますからね

自分で出来る範囲の物でも効果はありますが、壁・床・天井・窓の断熱をきちんとやりたい方は業者に任せた方が安心かもしれませんね。以前お客様に「自分でやったことあるけど、やっぱプロだね。早いし綺麗に出来る」と言って頂けました。

断熱の事なら何でもお気軽にご相談ください。