豊橋市で玄関軒先へ雨樋を新設のご相談を頂きました

ハウスINハウス豊橋北店の鈴木ですこんばんは
今回は地元でもある愛知県豊橋市のお客様から「雨樋ってやってますか?」と前回ハウスINハウスのイベントにご来場頂きご相談いただきました。

「雨樋工事もやっていますよ」と答えさせて頂き、実際の状況を見る為後日お宅へ訪問させて頂きました。
c7114f14bdb4218033b191c612fb8176

お伺いさせて頂くと、木造で作られた屋根が玄関前の軒ついていて、その上は金属製のものが使われていて所謂金属屋根と呼ばれるものになります。

金属屋根について詳しくご紹介したページがありますので、ご興味ありましたら是非ご覧ください。

そこでお客様に現在の状況をお聞きしました。
今までは雨樋が無く画像左下にあるように雨水を衣装ケースで受けているという事で、昔は土だったのようですが、レンガブロックを敷き歩きやすくした際に雨水が気になったそうです。

最初は年に数回だからと衣装ケースで受けてという事で対応されていたそうですが、たまたま私たちのチラシが入ってやはりちゃんとした方がいいと思いご相談頂いたという事でした。
c1814699d37a5d717a40531d847b176c

今回のお客様の場合は新設という事でしたが、確認したとこと問題ありませんでしたが、ここで注意したいのが敷地境界線などのチェックです。

雨樋を付けて雨樋がお隣の方の敷地に入ってしまうのはもちろんダメですし、排水する水がお隣りへ流れていかないようにしないといけません。

今回は距離が少し離れているので付ける事自他には問題ありませんでした。
532476e752480c3128515086bdeaf927

しかし、雨樋を設置して雨水をどうするのかに問題がありました。
赤線のように玄関から出て動線(人が通るであろうスペース)に斜めに雨樋を付けないと排水出来ないという問題があります。

ここはお客様に説明して写真のような赤線の部分に雨樋が来てしまうという事、それ以外で地面に直接流す場合は玄関前に水溜りを作る原因になるので、できればその方法はやめたい。とご説明しました。

お客様も「しょうがないよね。」と納得頂きました。
目線に入ってしまうと高さ的にも少し身長の高い方だと邪魔になりますが、今回はこの方法が最善と思います。

リフォームであればどんな工事でもご相談ください
次回「これも交換できる?」と聞かれた所がありましたので、ご紹介させて頂きます。

断熱リフォームはもちろんドア窓のリフォームやエクステリア商品、太陽光発電や蓄電池まで私たちの会社は何でもやっています。リフォームの事なら何でもお気軽にお問い合わせください

モデルハウス外観
モデルハウス
モデルハウス
モデルハウス
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5