神藤 桃奈

熱中症に気を付けて下さい!!

2019年7月29日|カテゴリー「神藤 桃奈
IMG_1526

こんにちは!

受付スタッフの神藤です

もうすぐで8月ですね

最近は夏休みに入ってプールに向かう小学生をよく見かけます

暑い日が続きますが、皆さん熱中症対策は大丈夫でしょうか

熱中症は炎天下特有のものではなく、湿気の多い時期や曇りの日、日中だけでなく夜間、室内でも起こる可能性があるそです


室内で危険な環境は、「熱気や湿気が溜まりやすく、暑い場所」です

室内でも暑い場所はありますし、エアコンがなかなか効かない、、、なんてこともありますよね

前回までのブログで暑さ対策をいくつかご紹介しているので、是非参考にしてみてください


室温の管理については、温度計で室温をチェックし、エアコンを上手く活用することが大切です

水分補給、塩分補給も忘れずに

猛暑日や、真夏日といわれる気温や温度の高い日は、家の中でもしっかりとした熱中症対策が必要となってきます

ちょっとした気配りで予防することが出来るので、しっかりと対策し、体調を崩すことのないように気を付けて下さい

夏にキッチンを暑くさせないめの工夫♪

2019年7月22日|カテゴリー「神藤 桃奈
こんにちは!
受付スタッフの神藤です

あと少しで梅雨明けと言われていますね

本格的に暑い夏がやってきます

わたしは最近、料理をする機会を増やし日々練習中ですが、、、

夏場は、火を使うキッチンはすごく暑いですよね

そこで今回は、夏にキッチンを暑くさせない工夫をいくつかご紹介します
dedb1906dc25c35d1b20bffd7dca2c9a
~キッチンを涼しくするPOINT~
・夏にサウナ化するキッチンを改善するにはIHが効果的
・小型扇風機を活用し、コンロの熱が広がるのを防ぐ
・火を使わない料理法を多用。熱が広がらない蓋やグリルも活用

一番簡単な解決策はエアコンを運転する事ですが、それでも火の近くにいると暑くてたまりませんよね

そこで、ガスコンロではなく、IHクッキングヒータを採用することで、熱の発生を抑えます

さらに、焼き物にはグリルを利用し、煮物は鍋に蓋をすることで熱が外に逃げづらくなり、暑さを緩和できます

調理法の工夫に加え扇風機も併用するのもポイントです

人だけでなく、コンロにも向ける事で、熱が周辺に広がらず、換気扇から排出されるようになるため涼しさにつながります

モデルハウス

写真は、ハウスINハウス豊橋北店のショールームのキッチンです

ハウスINハウスのリフォームには水まわりの工事も含まれています

心機一転、リフォームをして快適生活を始めてみてはいかがでしょうか

お気軽にショールームへお越し下さい

内窓ってすごい!!!

2019年7月16日|カテゴリー「神藤 桃奈
IMG_1385


こんにちは!

受付スタッフの神藤です

皆さんは、三連休どのように過ごされましたか?

私は日帰りバスツアーで、静岡県と山梨県に行ってきました

静岡県では美味しい海鮮丼を食べ、山梨県では桃狩りをしました

山梨県は、美味しい果物がたくさんあるので、また行きたいです

三連休はしっかりリフレッシュしたので今週も頑張ります

さて、今回は、ハウスインハウスのリフォームでも使われる、内窓についてご紹介します

内窓は、色々なメーカーから出ていますが、ハウスINハウス豊橋北店のショールームでは、YKKAPのプラマードUという商品を使っています

内窓を付けるとなにがいいかというと、、、、、

9086447521a6b9ed5470bea2a0c0ef0e
・断熱性が高まり、外気の影響を受けにくい
004e72669841d9144cfd154046717f26
・冬でも窓が冷えにくくなり結露の発生を抑えられる
5c0bec182a2fe4138be4edd46f0947aa
・「内窓+日よけ」で日遮熱をカットし冷房効果が高まる
b5459e86e716c67efda3fca3044389ae
・騒音が半分以下に聞こえる遮音効果がある
2805f63a58b2e71e91ea327ecda38482
・お部屋の印象が明るくなる
など、いいことだらけなのです

暑い夏には冷房効果が高まるというのが嬉しいポイントですよね

様々なデザインがあるので、お部屋にっピッタリの窓も見つかるはずです

ハウスINハウス豊橋北店のショールームにも、内窓の展示はたくさんあります

興味のある方はお気軽にお越し下さい


断熱×遮熱☀

2019年7月10日|カテゴリー「神藤 桃奈
こんにちは!
受付スタッフの神藤です

今日はすごく天気がいいですね

日陰で風通しのいい場所ではちょうどいい気温ですが、日が当たる場所では暑く感じてしまいます

今回は、日差しの暑さを抑える工夫と、エアコンの活用法について紹介したいと思います

ポイントは、断熱×遮熱です

ここで、断熱と遮熱の違いを簡単に説明します

断熱⇒壁の内部を伝わっていく熱の量を小さくすること。
遮熱⇒日射を日射を吸収しないように反射する事ことや人が熱を感じる放射が室内に入らないようにすること。

断熱は、暖かい家を作るためのイメージが強いですが、涼しさを得るためにもとても重要なポイントです

断熱対策は前回のブログで紹介したのでこちらをご覧ください

遮熱対策は、南の窓に日よけを付けることが効果的です
a
b
高い断熱性能を持ち、遮熱を確実に行っている建物は、エアコンがよく効きます

多くの時間は弱運転となるので、光熱費を抑えられ、不快な気流もほとんど感じません。

ハウスINハウス豊橋北店のショールームには、断熱だけでなく遮熱に関する商品の展示もございます

興味のある方はお気軽にご来店ください

高断熱で夏を乗り切る!!!

2019年7月5日|カテゴリー「神藤 桃奈
こんにちは!
受付スタッフの神藤です

7月は、ハウスINハウスのブログの担当です

よろしくお願いします


ed244896bc4415e95a26e0b704fb53f7
もうすぐで暑い暑い夏がやってきますね

私の家も最近エアコンを解禁して暑さと戦っています

暑いだけでストレスを感じてしまうこともありますよね、、、、、

暑いと頭がぼーっとして家事や仕事がはかどらなくなり、食欲不振や睡眠不足に悩まされる方も多いと思います


今回は、暑い夏をストレスなく暮らすポイントを紹介します

夏を涼しく過ごすためのポイントは高断熱です

屋根や天井、壁の断熱材を厚くすることで、外からあたる太陽の熱が室内に伝わりにくくなります

窓を断熱ガラスに替えたり、内窓、二重窓を付ける事で、窓から入る熱を防ぐことが出来ます

断熱効果を高めると、エアコンの効きが大幅に変わります

私の家は、2階がリビングで、日差しも良く当たり暑くなりやすいですが、リビングの窓は内窓やペアガラスが付いているので、エアコンが効きやすくなっています

エアコンが効きやすいと電気代もお得で、環境にもいいですよね


ハウスINハウス豊橋北店にある、体感ショールームでは断熱効果を実際に体感して頂けます

是非お気軽にお越し下さい
scroll-to-top