熱の伝わり方は3種類!しっかり理解して対策をしましょう

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

今回は断熱の基本でもある『 熱の伝わり方 』についてお話しします。
基本は伝導・対流・放射の3つです。

それぞれの現象とお住まいでの対策の仕方についてお話しします。
まずは伝導からお話しします。

熱伝導

1d2485e9a784a2cd4eb4d52295901adb
よく耳にするのは「熱伝導率がいい」という言葉じゃないでしょうか。

すぐに温まりやすい銅製のポットは喫茶店などで見かける方も多いのではないでしょうか。

熱伝導は熱が物質を介して運ばれ伝わる事です。

金属を代表するように熱の伝わりやすい物を良導体、木材みたいに伝わりにくい物を不導体と呼びます。

調器具はこれを上手に利用していて持ち手には木材、調理する部分は金属になっています。

固体は熱を伝えやすい

物質の種類によって伝導率は変わりますが、形状によっても変わってきます。

気体よりも液体、液体よりも固体という順番です。

ab53e998f643dc2bf840261f235a50ee

サウナに入れる人は居ても、沸騰前のぐつぐつしたお湯に触れる人はそう居ないですよね

火傷じゃすまない状態になります。

住まいでの対策

物と物が触れることで熱が移動するのが熱伝導でしたね。

壁や窓も物質だと考えればアルミの窓やガラスは良導体ですので、プラスチックや樹脂、ビニールなどの方が熱伝導率が悪い不導体になるので、そういったものを窓に貼る対策や内窓のように樹脂や木で出来たものを付けて2重にすることが対策になります。

では木材や紙で出来ている壁は?と思うのですが、同じ不導体の物を2重にするか、化学物質の断熱材を使う事になります。

また今度対流放射についてもお話しできればと思います。

断熱のリフォームのご相談は是非お気軽にご連絡ください。
実際の対策をした体感ルームで断熱を体感して頂ければと思います。