結露の原因【豊橋市北店】

45af73d9ea1d6c9704a3f7495413310a_s
こんばんは
ハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

本日2回目は結露についてお話しします
結露は、空気中に含まれていた水分が、空気が冷やされることで気体として留まることができず、液体化するという現象です。
そのため、結露の原因は「寒暖差」と「湿度(湿気量)」に関係します。
なので寒いからという原因ではないんです

例えば、夏場などで冷たい飲み物が入ったグラスをしばらく放置しておくと、汗をかいたようにグラスの表面に水滴がつきます。

これも結露です。
ed244896bc4415e95a26e0b704fb53f7
そのほか、夏場はエアコンの効いた車の中から外に出るとメガネが曇ったり、冬場には室外から急に室内に入るとメガネが曇る、風呂場や脱衣場の鏡が曇る。

意外と結露は身近に起きています。

冬場は室内と室外の寒暖差(温度差)が激しくなることが多くなります。
その最大の理由は、エアコンなどの暖房器具を使用するからです。

そして、暖房器具を使用している間は、部屋の窓を閉め切るので、部屋はどんどん暖まります。
この暖かい室内と寒い室外という寒暖の差が、一番寒暖差が出る窓ガラスに結露として表れるやすいんです。

湿度も重要です。

目には見えませんが、空気中には水蒸気が含まれています。
石油ストーブにガスファンヒーターなどは液体を燃焼して暖かい空気を送りだしているので微量ですが水分を含んだ空気になります。
この量が多いことを「湿度が高い」と言います。

自然に起こるのは梅雨時期などですが、室内側が涼しい状態なので窓の外側に結露しやすい状態で、窓にイモリがついていたりするのは水を飲んだり寄ってくる虫を食べているんだと思います。

空気が含むとができる水蒸気の量には限界があり、この限界値を超えると、気体として存在できなくなった水蒸気が水という目に見える形で表れます。
この限界値のことを「飽和水蒸気量」と言います。

「飽和水蒸気量」は温度によって変わり、暖かいほどその限界値は高くなります。つまり、暖かく閉め切った室内にはたくさんの湿気があるのに対し、温度が低い窓ガラス付近は湿気が気体のまま存在できなくなってしまうのです。

これが結露の原因です。

では結露を放置するとどうなってしまうのか・・・
それはまた今度お話ししますね
ハウスINハウスの断熱リノベーションは断熱エリア内を新築以上の断熱性能にします

体感ルームで断熱リフォームの良さを体感ください

東三河で体感できるのは私たちの体感ルームだけです
お気軽にご来店いただければと思います
モデルハウス外観
モデルハウス
モデルハウス
モデルハウス
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5