ハウスINハウスの基本【寒い家】

おはようございます
今日も昨日に引き続きハウスINハウスの基本工事というか考え方をお話しします。

なぜ病院やホテルは寒くないのか。というお話をしていました。
なのでどういう家が寒いのか【 寒い家 】とはどんな家なのかを話しします。
0ae7c62e50dc705df75843b104ce66cd
まず簡単にイメージしやすい保温力の高いものと言えば魔法瓶の水筒です。

冷たいものも暖かいものも温度を保ち温度変化も緩やかです。
コップに注ぎ飲むと温度は常温に近づいていきます。
表面が空気に触れているので温度は奪われていきます。

当たり前ですが、飲んだら蓋を閉めるし中蓋もしっかり閉めて飲み物がこぼれないようにしますよね。
それが家で言う気密ということです。
隙間が多い家はその分家の中の空気が外に漏れてしまうし、外の空気も家の中に入ってきてしまいます。

なので、寒い家となってしまいます。
換気は自然と十分に出来てしまうんですけどね。

人がよく居る場所を「 居室 」と言いますが、居室に比べトイレや洗面所、お風呂場は人が居ないのと水廻りの換気のため窓を開けたりしていることが多く家の中ではもっとも寒い場所と言えます。
2839ab849d9b2c81bd86f4778e9767e3
体温が急激に変化をして身体に障害が出てしまう事をヒートショックといいます。

夏場は家の中で起こることはあまりなく、暑くて水浴びをすると体がびっくりするくらいでしょうか。
あまり温度差がありすぎると夏場でも起こります。

トイレや洗面所、お風呂場は昔は家の北側に作ることが多く、寒くなってくると暖かい居室から寒いお風呂場へ移動したり脱場で服を脱ぐと熱を奪われまいとして血管が縮み、血圧が上がります。
お風呂に入るとと血管が広がって急に血圧が下がり、血圧が何回も変動することになります。
寒いと長湯してしまいますが、40度未満での長湯は避けた方がいいとされています。

寒いトイレでも似たようなことが起こりえます。

ヒートショックを予防することは画像からも分かるように交通事故の対策以上に大切です。
ハウスINハウスは生活改善をするリノベーションです。
トイレや洗面所、お風呂場までの廊下を含む生活範囲をすべて断熱することで家の中を一定の温度に保ちます。

断熱リフォームで重要なことは保温力です。
断熱と気密を両方ちゃんとやることで保温力が発揮されます。
まずは体感ルームで断熱リフォームの良さを体感ください。
お気軽にご来店いただければと思います
モデルハウス外観
モデルハウス
モデルハウス
モデルハウス
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5