ハウスINハウスの基本工事について詳しくお話しします②

76b999ee596f569fd9c10bf2dbdcf533
こんにちわ
前回に続いて基本工事をお話しします

前回もお話ししましたが「インナー」です。
最近はよく「高気密高断熱」なお家が一般的になってきましたよね。
でもそれは法律がではなく、住宅ローンの審査において断熱のいいお家でないとダメになったからなんです

「高気密高断熱」は空気が逃げない、熱も通さない断熱材がしっかり入っているといった意味だと思って頂いていいと思います。

服のインナーでいうと厚手の物は暖かいし、薄手は寒い冬用夏用と分けれます。

住宅は着せ替えが出来ないので昔は夏用を着せていました。
法律もなかったので間違いや手抜きじゃないんです。
昔はそういう建築だったという事です

40c44aad5d543723ad7530ad510848561
私たちがご提案しているハウスINハウスは薄手のインナーをそのままに、その上から特許を取ったヒートテックを着るイメージです

19e743c57f6805c39c898f6c320a01da
基本工事として壁・床・天井の6面全てに独自の断熱パネルを今ある壁の上から取り付け、角は隙間を無くすようにコーキング材を入れていきます
オリジナル断熱パネル
このパネルはどこで切っても変わらない性能で使うことができるため、さまざまな構造の住まいに合わせることができます
既存の床、壁は壊さず、オリジナルパネルで覆います
壁や床を壊さないので工事の時間は短く、費用を抑えた理想的なリフォームを実現できます
最後にご注意していただきたいのは、高断熱高気密は何もしなくても暖かく涼しいという意味ではありません。
冷暖房設備を使うと効きがよく長く温度を保てるという事です。
もちろん人が居るだけで温度が上がりますので、冬場は暖房を付けなくても暖かく感じると思います。

体感モデルルームもありますので、ぜひ一度ご来店ください