断熱で健康を守る


こんにちは!!
事務スタッフの中山です



の中で快適・健康的に過ごすためには温度差に気を付けなければいけません!
家の中の急激な温度差によって血圧の変動が起こり、身体に悪影響もたらしてしまう場合があります。
このことをヒートショックといいます。
例えば、冬場に熱い湯船に浸かった後の寒い脱衣所には注意が必要です。
ヒートショックが要因の入浴時死亡者数は、交通事故の死亡者数の約4倍にも上るそうです。
しかし、断熱リフォームのハウスINハウスは部屋の温度差をなくし、身体の負担を軽減する環境を実現します。
ハウスINハウスの断熱パネルでお風呂も室内も足元まで暖かく健康的に暮らすことが出来ます

断熱が熱中症予防にもつながります。
夏の熱中症の約4割が住宅内で起きているという調査結果があります。
例えば、夏場に多く見られるのが、光熱費を節約する為にエアコンの使用をやめ熱中症になるケースです。
冬場では暑い湯船に長時間浸かることで熱中症になるケースです。
断熱リフォームのハウスINハウスは、室内の涼しさ・暖かさが外に逃げにくくなるため、効率的に室内の温度を保ちます。
そのため電気代を抑えつつ、熱中症になる危険性を下げます。

このように断熱リフォームは、住まいに起こる不意な事故を未然に防ぎ、家族の健康・安全にもつながる住む人に優しいリフォームです!!