日本と海外のリノベーションに対する考え方と価値観の違い

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

日本と海外のリノベーションに対する考え方と価値観の違いについてお話しします。

DIY発祥と言われるイギリスやリノベーションしているイメージのアメリカは日本とは住宅に対する価値観も考え方も大きく違うのでリノベーションも積極的に行われます。

日本がダメ海外がいいという事ではありません。

考え方と価値観が違うので、そこに住む方に合わせたリノベーションをする事が正しいと思います。

正直海外の考え方でリノベーションを日本ですると出来なくないのですがその後に不動産業界が対応していないという感じです。

8a5fb5e65eae970673afa531e01b3b77

築年数が長くなると日本は解体して建て直すが先に来る考えです。

ですが、海外はリノベーション時期と考えるんです。

そこに価値観の違いがあります。

海外は住宅不動産は資産や投資の一種と考えるので資産価値が下がらないようにリノベーションします。

購入時から転売を考えるので、不具合や使いにくい場所は積極的にDIYしますし、キャリアアップ・収入アップ・家族が増えるなどライフスタイルが変わればリノベーションした家は手放すようにします。

安く買ってリノベーションして高く売る。

日本で不動産会社会社が行うようなことをアメリカでは個人がします。

d03e25c340d270e7b9496c4a609a5d71

イギリスなどは街並みが法律でしっかり守られているので、新築は滅多になく外観はそのままで中をリノベーションする考え方です。

築100年を超える建物は珍しくないです。

内装工事しか出来ない地域であればDIYも盛んになるのも納得です。

日本の街並みはどうなのかというと、木造のいい雰囲気の街並みも残っています。

f3a656d38edbf91d97eae28c0df82556

私たちの近くのエリアで有名なのは飛騨高山ですね。

ここは外観が守られているのでハウスINハウスのような壊さないリノベーションが適しています。

日本人も古い街並みは好きで観光客はとても多いんですが、住みたいと思う人は少ないですね。

古い=不便というリノベーションしていないのが前提の考え方になりますし、住んでも居ないのに古い物をリノベーションするのはもったいない、ダメだという輩も居ます。

外観は分かりますが、内装の決定権は住む人で外野は口出し不要だと私は思います。

生活を豊かにしたいのは当たり前の考えだと思います。

5ecfe68a492b131d6807d9bf626b7019

リノベーションして転売の意識も高いアメリカでは白い壁で芝生の庭というイメージの様に個性的な家は好まれない=資産価値としてはギャンブルに近く好まれないと売れないので、不動産会社からすると売れない商品はリスクにしかなりません。

販売する時に家具などを揃えてインテリアコーディネーターを入れて高く売れるようにホームステージングもするほどです。

なので価値の下がるような自己表現をした住宅は少ないと思います。

日本の場合は自分の住みたい家に住むための手段としてリノベーションをするので自己表現も豊かになるし家の外観も様々です。

統一感が全て出ないので転売を目的としない場合の多い日本では合っていると思います。

中古住宅でもリフォームするのは購入後に業者に発注します。

住宅の価格が異常に高い日本では住宅の購入は簡単ではありません。

高額で購入しても中古住宅になると売値は1/3程度で資産にはならない日本でリノベーションをするなら自分好みに自己表現するリノベーションをおススメします。

ちゃんと手入れされた家で性能が十分にある家は家族にとっては財産になる事間違いありません。

生活改善が出来、自己表現も出来るリノベーションをやっていきましょう。

この仕様が一般的と言われてやるのはつまらないですよね。

メールや電話でのご相談も是非お気軽にお問い合わせください。
033490f188229a07c881b9880b58a14f
360°カメラでショールーム内をご覧ください。
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5