床断熱と屋根裏断熱は一番ご相談が多い内容です

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

タイトルにもあるように断熱リフォームでお客様からの
ご要望で一番多いのが「床断熱」と「屋根裏断熱」です。

冬場は足元から冷えるという事と、夏場は2階が暑い。
そんな理由からだと思います。

平屋の方は直接熱が来る事がありますね。

屋根裏断熱

1677f80790cffa200c9b19eb10e7641d
新築の場合や壊して大規模にやるリフォーム場合は作業スペースも確保できるので工事は比較的しやすいです。

ですがリフォームとなると費用面から中々ここまでやるのにはお金がかかります。
私も計画した時は個人の年収のみでは新築でも借り入れは2000万円くらいと言われて実家の建て替えは諦めました。

ですが、リフォームで検討出来る方は予算も抑えたいという考えもあると思います。
8f45d97fe8dbe2d0750b8aefa960291e

価格面であれば作業中にチクチクしますが、ガラスウールを隙間なく敷き詰めるのだけでも効果があると思います。

この作業はDIYでやっている方も多くYouTubeでもいろいろな動画がありますので、検索してみるのもいいと思います。
709a161211e7602671b1f3e420e104b9

補強をしっかり入れてやれば下からもう1枚天井を作るのもおススメです。

DIYでやるのには天井は手間が掛かりますので業者へ依頼をした方が楽は出来ると思います。
オリジナル断熱パネル

もちろんハウスINハウスの断熱パネルもおススメです。
bc0bd2640d51f45021397cb17c84c943

床下は十分なスペースがあればいいですが、断熱材がシロアリの餌にもなってしまいます。

なので土ではなく土間コンクリート打ちをする事をおススメします。

それ以外にもシロアリの対策はしっかりやっておきましょう。
既存の床、壁は壊さず、オリジナルパネルで覆います

ハウスINハウスのように一段高くなりますが、2重の床にする事効果はかなりあります。

もちろん壁も断熱やっていければさらにいいですよね。
④内装(壁・床6畳):壁4〜7万 床10〜20万円
ハウスINハウスは床壁天井の6面に断熱パネルで工事して窓も含めて全て2重にしていきます。

その時に少しの隙間でもコーキング材などで塞ぐことで、隙間風なども無くしていきます。

窓際に居ても、キッチンに居ても温度があまり変わらないそんな快適なリフォームを目指しましょう。

私たちはそんなお手伝いが出来ると思います。

是非ご興味ある方は豊橋にある体感ルームへお越しください。

断熱リフォームの違いを体感頂けます。

是非お気軽にご相談ください。