豊橋市でリフォームを考えている方へ。使える補助金をご紹介

こんんちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

今回は豊橋市で補助金を使ってリフォームをお考えの方に使える補助金をご紹介します。
このあたりのエリアは豊橋市も含め豊川市、田原市、新城市、蒲郡市などがありますが、市からリフォームで補助金が出るというケースが少ないと感じています。

1e809f54fa0a87a360047d27d031ab47

出ている工事で言えば例えば「アスベスト対策工事」には出ていますね。
これはリフォームというよりは防災対策の意味合いが強いですね。災害対策を目的にという事みたいです。

あとはいろいろな市や県も出している「耐震改修」です。
この補助金が出るというのは浸透していると思います。最大100万円というのも魅力ですね。

時期的には来年度の補助金を使うイメージになると思います。

家の”リフォーム”をするというより改修改善で使う事が出来るというイメージです。
上手に賢くちゃんと使うのが補助金だと思いますので、対象となる工事をご検討の方はしっかり確認してください。

あと私たちが気にしているのは、今年度も出た「次世代省エネ建材支援事業」です。
7a5376b9cc8e7e5a2c9c183dff8423ea
この補助金は過去2回とまだ新しく出来た補助金です。

今年も出るのかという情報は来年度(4月以降)でないと正式発表されることがないので、出たらいいな程度にお考え下さい。この補助金の特徴は申請期間が短く人気で申請期間前に締め切りになっているという事です。

リフォーム計画をしっかりして今年度も出ることが決まったらすぐに申請申し込みする準備が必要です。
33d5865bed211d3c6516d9c0fe80c443

来年度は分かりませんが、今年度は最大で200万円も出てます。

省エネ性能・断熱性能が高い材料を使いリフォームする工事にはしっかりと国が補助金を作ってくれているという感じですね。私たちもそうですが、WEBが普及していろいろな材料や商品が簡単に調べられるようになりました。どの商品がいい物なのか判断するのが難しいですが、こういった補助金などで登録されている商品は安心して使えるものだと判断していいと思います。

ハウスINハウスの断熱パネルは次世代省エネ建材支援事業にも次世代住宅ポイントにも登録された商品です。

そんな商品を使ったリフォームを体感できる東三河で唯一の場所が私たちの体感ルームです。
その他のリフォームに関する展示もしていますので是非一度ご来店頂ければと思います。