断熱リフォームのバリエーション③【豊橋市北店】

壁の中の構造や断熱状態をサーモ機器などで調査
おはようございます
ハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

断熱のバリエーションについてお話しします。
壁の断熱方法についてご紹介します。

充填断熱

ef26b396957e96e1706f0c720c71212f
この方法は柱と柱の間に断熱材を詰める方法です。

メリットとしては工事後内外とも広さが変わらないという所です。

デメリットは内外どちらかの壁を取り壊す必要があるという事が最大のデメリットです。

工事期間が長く施工する人によって仕上がりにムラがあることがあります。

外断熱

2cb91bb54cf4a8c2f7167bf1e06db42c
この方法は柱の外側に断熱材を設置する方法になります。

メリットは室内空間が狭くならず、断熱に慣れていない職人であっても一定の性能が確保されるという事です。

デメリットは外壁を壊す必要があり、足場設置費用などコストが高くなることです。

内張断熱

03b43d70853b93482d45934b1a7e05f2
ハウスインハウスでも採用している方法です。

メリットは工事期間が短く、一般的に費用が安くなることが多いです。
ハウスインハウスでは独自の断熱パネルを採用して同時に気密工事もやっていきます。

デメリットは室内空間が狭くなるという事です。


ハウスINハウスの断熱リノベーション断熱エリア内を新築以上の断熱性能にします

是非一度体感ルームで断熱リフォームの良さを体感ください

東三河で体感できるのは私たちの体感ルームだけです
お気軽にご来店いただければと思います
モデルハウス外観
モデルハウス
モデルハウス
モデルハウス
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5