防災を考えたリノベーションをしましょう

こんにちは
断熱リフォーム事業部の鈴木です

リノベーションを考えていくときに断熱などの性能向上を考えるワンランク上の考え方をしていく中で防災に強い家にもしたいですよね。

日本では台風と地震に対して強い家にしたいという気持ちは皆さんあると思います。

台風では大きく飛来物に備える事と水に備えるという2つが考えられます。

飛来物に備えるという点では窓に物が当たってガラスが割れて室内が水浸しになったり、物が壊れるなどの被害が考えられます。

一番は窓にシャッターを付ける事です。
耐風圧の強い物と一般的な物がありますが、最低限シャッターが付いていれば安心です。

雨戸付きの窓や角に付いた窓など様々な状況でも取り付けられるようにはなりましたが、出窓や小窓などシャッターが付けれない窓も家にはあります。

その場合はガラスを変えることをおススメします。

台風対策で強化ガラスにしたいとご相談頂く事も多いですが、ガラスに関しては強化がラスではなく防犯ガラスが適しています。

強化ガラスは高い場所などに使って万が一割れてしまったときに大きな破片にならないよう安全面を考えています。

強度は強いですが、割れてしまうとガラス全体が崩れ落ちてしまいます。

なのでその場合は貫通に強い防犯ガラスが最適なガラスになります。
d64b97a119aa21046dca877138064f4f

耐震に関してはどうしても壁を壊すという作業が必要になってきます。

古いお家を見ると大きな窓があるという事もありますが、窓が連続して付いているので単純に壁自体が少ないのです。

ちなみに私の部屋もどう考えても壁が少なく耐震壁をもっと増やさないと大きな地震が来たら簡単に潰されてしまいます

性能を向上させるリフォームは同時にやらないとせっかく綺麗にリフォームしたのに壊す必要があるというもったいない事にもなります。

断熱リフォームなど性能向上を考えたリノベーションをご検討している方は是非ご相談下さい。

360°カメラでショールーム内をご覧ください。

033490f188229a07c881b9880b58a14f
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
9b944be8df29826bae954186f43ff940

568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739

a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5