断熱リフォームで使う床下収納や点検口などをご紹介

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

ハウスINハウスで内装工事としてオプションで収納や点検口などを作る場合には細かいかもしれませんが断熱仕様の物を使います。

外部と繋がる部分でコーキング材などで塞ぐ事が出来ない為、意外と冷気などが気になる部分ですので断熱仕様を使って極力抑えるようにしています。
90cc21f02e50955c900cec20497ac5e6

床下収納と呼ばれるものです。
ハウスINハウスの場合は断熱仕様の物を使います。

今使っている方人っては必需品ですし、床下入れる場所なのでメンテナンスを考えたらあった方がいいです。
45f5099ac856c35ee77663dfbc250dd8

クローゼットや納戸ではなく部屋の中に天井点検口を設置した方には断熱仕様の天井点検口を使っています。

部屋の中でなければ気にならないかもしれませんが、室内の場合は少しでも抑えられるようにしないといけません。


あとはもっと細かくなりますが、ハニカムサーモスクリーンというブラインドもおススメです。

ハチの巣のような構造をしていて、ブラインドの生地も温かみのある生地になっています。

部屋のテイストに合うのであれば断熱もより良くなるので、参考にしてみて下さい。


細かな部分ですが、断熱に拘ったリフォームをお届けできればと思います。

ご興味がある方は見に来て頂くだけでも大丈夫です。
ハウスINハウスの体感が出来る私たちの体感ルームへ是非お越しください。

メールや電話でのご相談も是非お気軽にお問い合わせください。
033490f188229a07c881b9880b58a14f
360°カメラでショールーム内をご覧ください。
8bbc7109c285905756c713b28922a39c
568f2b225a096a68c0eb58b88ccea739
a494ab79f5b4ce3ba3708f9d5580d6b5