家具を利用した間仕切りは便利で快適です

こんにちはハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

リフォームする時に要望の多いのは広い間取りが欲しいというご要望が多くあります。

木造住宅では強度的に取り除けない壁や柱がありますが、それ以外を取り除くと意外と広い空間が取れます。

鉄骨やRC造、2×4の家などはさらに広い空間が出来ますよね。

そんな時に用途別に間仕切りの役割も果たしながら収納スペースとしても使えるのが家具です。

家具を利用した間仕切りやDIYできる間仕切り商品をご紹介します。

b49ccd94a0469e1b9fb4bf465e37ec0b

例えばIKEAのラックなどは使いやすいですし、造作家具に比べて1/5程度の費用で出来る事もあります。

ここで注意したいのは家具の高さです。

目線より低い家具で座ると目線より高くなる高さが使いやすいです。

写真では壁際に置いてありますが、これをリビングとダイニングの間に置いて棚の後ろにソファーを付けたりすれば、家に人が来た時に広い空間があってソファーは隠れているといった感じになります。

このラックを使うと魅せる収納にもなりますね。

ソファーを隠す以外にも子供のスペースを見せないようにするけど、子供の気配はわかるなど使い方は様々です。

dfdb9fe9d0bdaf673c3b0ad85ce62860

廊下などの場合は鏡を張ると広く感じる事が出来ます。

価格は10万円程で出来ます。

私たちは元ガラス屋なので鏡の扱いはお任せ下さい
809edac6648bf1f38e7687fa57886fb5

家具に全面鏡張りになっているのもあります。

日の光も反射するので部屋が明るく感じますし、姿見の代わりにもなります。


造作家具とは少し違いますが、コの字型レイアウトユニットという商品もありますので、自分で作るDIYがお好きな方にはおススメの商品です。

ご興味ある方は是非ご相談下さい。