豊橋の方から和室の畳をフローリング材にして断熱をしたいとご相談がありました

和室
こんばんわハウスINハウス豊橋北店の鈴木です

豊橋の方から『 和室の畳をフローリング材にして断熱対策もしたい 』とご相談を頂きました。

お話しを聞いてみるとお爺さんが寝起きしている寝室ということなんですが、『 寒い 』と毎日言っているそうです。

似た内容の工事事例の写真を見せながらお話ししました。
d357658706d08fbccdb9ebe1dd5d5628

こちらも以前紹介もさせて頂きましたが、豊橋のお客様の工事事例です。

この方は2階の部屋を工事させて頂きましたので少し方法が違いますが、参考にしてもらえればとご説明しました。
f8dd7577bf8389f24151fee0dd69ad65
2階の場合には下地材が入っていて、板みたいなものだけではありません。

1階の場合は畳の下にすぐ板と言うケースがほとんどなので、床下からの工事が必要だという事もお話ししました。
bc0bd2640d51f45021397cb17c84c943

床下の場合は入るスペースがあるかで工事が出来る出来ないが決まります。

木材と木材の間に断熱材を詰めていく工事になります。
82521051a4c7e0d8b480adcb419aedc6

隙間なく敷き詰めていくのがポイントで特殊加工された断熱材を使用しるのが一般的になっています。

新築のように上から押し込めないので、床下の作業スペースが必要となるわけです。

壁紙までクロス仕上げにしたりすると工事期間は2日かかりますが、床下の工事であれば広さにもよりますが1日から2日工事となります。

これは床材(フローリング材)にするという希望までやる場合です。


2538d9981f232b36e4beba328db1c062
ハウスINハウスのように断熱パネルを室内側から張っていく工事でも和室の場合畳を撤去してからの作業になります。

その分床が高くなるのが防げます。

ハウスINハウスの全面断熱パネルを張っていく工事の場合は内窓工事や電気配線、エアコンなどの工事も関係してくるので最低10日ほど必要になってきます。

かなりの突貫工事気味になってしまいますけどね

時間に余裕がある方は工事期間を長めに考えておくといいと思います。

私の経験でお話しすると、寝る場所を床に布団からベットになるだけで寒いと言わなくなったという事おっしゃっていたお客様も居ます。

ちょっとした断熱でもお気軽にご相談下さい。