インテリアで押さえておくべきポイント☆

モデルハウス


こんにちは!受付事務スタッフの穂浪です

前回お話したんですが、友達の家とIKEAに行ったのがきっかけで最近インテリアに目覚めました

IKEA本当にすごいですね!一日中見て回れます


私のお財布事情の関係で大幅に自分の部屋のインテリアを変えることはできないんですが、、、

こうやって興味を持てたのも何かの縁だと思うのでインテリアについていろいろ勉強してみました

見て頂けるとうれしいです

「色」がインテリアを左右する!

3ec2c0c826ea9974d4e27d4ed9c9c180
家具やデザインなどインテリアにとって大事ですが、もっとも重要なポイントは「」です

テーマやデザインスタイルを決めていても色がしっかりと決まってないと家具を買う時に同じ色ばかり買ってしまったり、逆に色んな色の家具を買いすぎてごちゃごちゃになったり、、、

なので家具を買う前にはしっかり色を決めることが大切です

「じゃあ、どんな風に色を決めたらいいの?」とお考えの方に!

カラー配分の基本はベースカラー70%:メインカラー25%:アクセントカラー5%の3つの色で配分するとうまくいきます

では、3つのカラーについて紹介していきます

メインカラー、ベースカラーを引き立てる脇役的なカラーになります
インテリアで考えると、床や天井、壁などに使われてる色がベースカラーとなります。

床や天井はそう滅多に変えないと思いますが、もし変えることになったら
飽きがこない白やブラウン系のような落ち着いた色にすると良いです

メインカラーは主役となる色のことをを言います
カーテンやソファなどの家具に使われる色になります

基本的には好きな色を選んで頂いて大丈夫です
ですが、主役となる色なので明るすぎず、暗すぎない色を選ぶのがポイントです
メインカラーを引き立て、全体を引き締めるのがアクセントカラーです
クッションや小物などで使うことによって一気に印象が変わります

メインカラーを引き立てる色を使うのがポイントです!
せっかくのアクセントもメインカラーと似た色を使ってしまうといきてこないです、、、

まとめ

以上がインテリアで押さえておくべきポイントになります

今回勉強してみて、私の部屋にはアクセントカラーになるものが不足しているので
クッションか小物の購入を検討してみようと思います

家具じゃなくてクッション程度なら探せば安く手に入りそうですね

次回は色の組み合わせや色がもたらす効果について紹介していきたいと思います